腎臓病はたんぱく質を摂れば摂るほど老廃物が増えます

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜ジュース(手作りすると美味しいですね。手作りの味に慣れると、人工のものは飲めなくなるともいわれます)は、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムが含まれています。その影響で、腎機能が低下している患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんが、日頃から野菜ジュース(手作りすると美味しいですね。手作りの味に慣れると、人工のものは飲めなくなるともいわれます)を多量に摂取した場合、高カリウム血症を発症する危険が高まります。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見受けます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担がかかります。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30~40g程になります。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものには意外にたくさんのたんぱく質が含まれているのです。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーが欲しいからといって一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で各種の工夫について知ることができます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題でしょう。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあってはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。腎臓の治療は持ちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、それ以前に、日頃の食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)習慣を見直すことが大切です。食事によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、また献立の工夫や、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病を極力進行指せない事と、体調を良好に保つことにあります。透析の要らない保存期のうちは、食事療法をもとに腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅くできます。また、透析導入後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は非常に重要な治療法です。あわせて読むとおすすめなサイト⇒腎臓病 食事 宅配 口コミ