腎機能低下に伴うさまざまな症状があらわれ、やがて末期腎不全(尿毒症)に至ります

CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、実施に及ばない方も多々見かけます。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べる事によって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することが出来ます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質のバランスを整えたり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 腎臓病の中でも慢性腎臓病(2006年6月に設立された日本慢性腎臓病対策協議会が認知の向上に努めています)に関しては、腎機能の改善が望めず、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生のままの野菜や果物と比較するとそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)が高まるはずです。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要になります。一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品選びを心がけましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。食材の味を楽し向ことが出来ます。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方にふさわしい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して頂戴。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血中のいらなくなったものを尿と伴に排泄します。その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なホルモンを創り出すなどの我々の体にとって大切な働きをしているのです。腎臓の機能は一度失われると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせることができるようになりました。治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身の現状に照らし合わせた治療を見つけることが可能です。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長期間にわたり腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状にふさわしい治療と病状悪化の元を探り除去することにより、健康な状態への回復が期待出来ます。慢性腎不全については、その特質によりゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で確認出来ます。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、日常的に規則正しい生活をつづけることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ところが、腎臓病の中にはおもったより進行するまで無自覚なものもあるために、予防がナカナカ難しいのも現実です。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。続きはこちら>>>>>腎臓病 宅配弁当 ランキング